第41回日本手術医学会総会

プログラム

2019年6月6日現在

※テーマや演題名には仮タイトルも含まれています。

 

特別講演

9月28日(土曜日) 13:20~14:20 第1会場
「社会に貢献する共同研究 ― 光触媒を例にして」
演者:藤嶋  昭(東京理科大学)

理事長講演

9月28日(土曜日) 11:00~12:00 第1会場
手術医学のこれから
演者:安原  洋(東京逓信病院)

シンポジウム

シンポジウム1 未来の手術室―Robot・Hybrid・AI―

9月27日(金曜日) 9:00~11:00 第1会場
司会:谷口 雄司(鳥取大学医学部附属病院手術部)
   髙松 千洋(佐賀大学医学部附属病院手術部)

―演題・演者―

  1. 「将来を見据えた手術室の設計」
    稲垣 喜三(鳥取大学医学部器官制御外科学講座麻酔・集中治療医学分野)
  2. 「手術室と手術医療」
    江島  豊(東北大学病院手術部・材料部)
  3. 「高機能手術室の現状と将来展望」
    鈴木 利保(東海大学医学部付属八王子病院)
  4. 「当院における高機能手術室の現状と課題・将来展望 ―手術部の高機能化と手術室の高機能化―」
    臼杵 尚志(香川大学医学部附属病院手術部)
  5. 「スマート治療室SCOTの開発と将来展望」
    村垣 善浩(東京女子医科大学先端生命医科学研究所先端工学外科学)
  6. 「進化する治療環境に対応する建築設備とは」
    内田  聡(株式会社セントラルユニ営業推進部ファシリティシステム課)

シンポジウム2 患者安全と質を可視化する

9月27日(金曜日) 13:00~15:00 第1会場 
司会:鈴木 利保(東海大学医学部付属八王子病院)
   平田  哲(旭川医科大学手術部)

―演題・演者―

  1. 「DPC等大規模データを用いた手術医療の見える化」
    川渕 孝一(東京医科歯科大学大学院医療経済学分野)
  2. 「NCDデータの利活用による患者安全と手術医療の質」
    長谷川 潔(東京大学肝胆膵外科、人工臓器移植外科)
  3. 「日本肝胆膵外科学会における高難度肝胆膵外科手術の安全確保の取り組み」
    大坪 毅人(聖マリアンナ医科大学消化器・一般外科)
  4. 「手術室における患者安全と質の可視化」
    白石 義人(市立島田市民病院麻酔科)

シンポジウム3 ロボット手術の現状と未来

9月27日(金曜日) 13:00~14:30 第3会場
司会:杉岡  篤(藤田医科大学総合消化器外科)
   赤沼 裕子(聖路加国際病院)

―演題・演者―

  1. 「直腸癌に対するロボット手術」
    絹笠 祐介(東京医科歯科大学大学院消化管外科学分野)
  2. 「泌尿器科ロボット手術の現状と未来」
    近藤 幸尋(日本医科大学泌尿器科)
  3. 「呼吸器外科ロボット手術の現状と未来」
    中村 廣繁(鳥取大学医学部胸部外科学分野)
  4. 「ロボット支援手術における安全な看護技術の提供」
    平田 知愛(藤田医科大学病院看護部中央手術室)
  5. 「ロボット手術における現状の問題点と今後への期待」
    吉田 康平(日本医科大学付属病院ME部)

シンポジウム4 日本の医療関連感染サーべイランスの現状

共催:日本環境感染学会JHAIS委員会
9月28日(土曜日) 16:20~17:50 第1会場
司会:針原  康(NTT東日本関東病院外科)

―演題・演者―

  1. 「医療関連感染サーベイランス~日本と欧米との比較~」
    森兼 啓太(山形大学医学部附属病院検査部・感染制御部)
  2. 「JHAIS SSIサーベイランス 最新の全国集計結果」
    佐和 章弘(広島国際大学薬学部医療薬学研究センター)
  3. 「SSIサーベイランスの判定事例集」
    四宮  聡(箕面市立病院 感染制御部)
  4. 「本邦の医療器具関連感染サーベイランスの現況」
    藤田  烈(国際医療福祉大学未来研究支援センター)

パネルディスカッション

パネルディスカッション1 周術期管理における各職種の役割

9月27日(金曜日) 9:00~11:00 第2会場
司会:齋藤  繁(群馬大学大学院医学系研究科麻酔神経科学分野)
   柴田ゆうか(広島大学病院医療安全管理部)

―演題・演者―

  1. 「周術期コーディネーター、麻酔科医!」
    内藤 祐介(奈良県立医科大学麻酔科学教室)
  2. 「周術期管理における歯科医の役割
    ~エビデンスに基づいた高質な口腔管理を行うために~」
    西  裕美(広島大学病院口腔総合診療科)
  3. 「チーム医療の中で周術期患者を支える手術室看護師の役割」
    石橋まゆみ(日本手術看護学会 理事長)
  4. 「安全な周術期医療の提供のために薬剤師が担うべき役割とは」
    阿部  猛(聖路加国際病院薬剤部)
  5. 「周術期管理における臨床工学技士の役割~麻酔補助業務への拡大~」
    北本 憲永(聖隷浜松病院臨床工学室)

パネルディスカッション2 周術期管理チームによる患者安全と高質医療へのかかわり

9月27日(金曜日) 9:00~11:00 第3会場
司会:仁井内 浩(広島大学病院手術部)
   北山 眞任(弘前大学医学部附属病院手術部)

―演題・演者―

  1. 「周術期管理チームの現状とその課題」
    長瀬  清(岐阜大学医学部附属病院)
  2. 「周術期管理センターと高難度医療」
    小林  求(岡山大学病院麻酔科蘇生科周術期管理センター)
  3. 「周術期の医療安全における薬剤師術前外来の有用性」
    宮田 祐一(湘南鎌倉総合病院)
  4. 「周術期管理チームとその有効性」
    真子 文恵(福岡大学病院周術期管理センター)
  5. 「手術室看護師における術前評価の実際と今後の課題」
    三淵 未央(堺市立総合医療センター周術期管理センター)

パネルディスカッション3 手術室における立会いの意義とは?

9月27日(金曜日) 13:00~14:30 第4会場
司会:仁井内 浩(広島大学病院手術部)
   鈴木 健一(日本医科大学付属病院ME部)

―演題・演者―

  1. 「アンケート調査における手術室立会いの現状」
    仁井内 浩(広島大学病院手術部)
  2. 「整形外科領域における立会いの現状」
    飯澤 典茂(日本医科大学整形外科)
  3. 「整形外科領域における立会いの現状と考察」
    佐藤 英朗(日本ストライカー株式会社)
  4. 「循環器関連メーカにおける立会い業者の現状」
    青木 公也(アボットメディカルジャパン株式会社CRM事業部)
  5. 「心臓外科領域における立会い実施の現状」
    吉鶴  誠(泉工医科工業株式会社)
  6. 「医療機器業公正取引協議会の立会いに関する基準のこれまでの取組について」
    柳澤 佳紀(医療機器業公正取引協議会)

パネルディスカッション4 患者安全のための多職種間コミュニケーション

9月28日(土曜日) 9:30~11:00 第1会場
司会:南  正人(大阪大学医学部附属病院手術部)
   鈴木 健一(日本医科大学付属病院ME部)

―演題・演者―

  1. 「患者支援センターによる周術期の安全支援 ―多職種チームによるPerioperative Optimaization―」
    谷口 英喜(済生会横浜市東部病院患者支援センター)
  2. 「多職間コミュニケーション理想と現実:外科医の目線」
    藤井 正大(日本医科大学千葉北総病院心臓血管外科)
  3. 「手術室看護師が考える安全のための多職種間コミュニケーション」
    岡田 貴枝(昭和大学藤が丘リハビリテーション病院)
  4. 「薬剤師が考える多職種間コミュニケーションを考える」
    舟越 亮寛(医療法人鉄蕉会医療管理本部薬剤管理部/亀田総合病院薬剤部)
  5. 「手術室運営を担う臨床工学技士の役割と他職種間協働」
    定  亮志(大阪市立大学医学部附属病院中央手術部)

パネルディスカッション5 手術チームの一員として活躍できる手術室看護師の育成

9月28日(土曜日) 9:30~11:30 第2会場
司会:谷口 雄司(鳥取大学医学部附属病院手術部)
   倉藤 晶子(日本医科大学付属病院看護部)

―演題・演者―

  1. 「手術室看護師の教育の実際」
    渡部みずほ(越谷市立病院)
  2. 「多職種連携チームを支える手術室看護師をどう育てるか(看護管理者の立場から)」
    山本 千恵(公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院手術センター)
  3. 「麻酔科医がかかわる手術室看護師の育成」
    西山 純一(東海大学医学部医学科外科学系麻酔科学)
  4. 「外科医師が関わる手術室看護師の育成」
    渡邊 祐介(北海道大学消化器外科学分野Ⅱ)
  5. 「臨床工学技士が関わる手術室看護師の育成」
    山下 好史(三井記念病院MEサービス部)

パネルディスカッション6 歯科・口腔ケアの介入が術後回復を変える

9月28日(土曜日) 9:30~11:30 第3会場
司会:萬家 俊博(愛媛大学大学院医学系研究科麻酔・周術期学)
   岸川 洋昭(日本医科大学麻酔科学教室)

―演題・演者―

  1. 「周術期における歯科の新たな役割 ―なぜ口腔管理が必要なのか―」
    山内 智博(がん・感染症センター都立駒込病院歯科口腔外科)
  2. 「院内における周術期口腔機能管理 ―立ちあげとこれまでの歩みについて―」
    久野 彰子(日本医科大学付属病院口腔科(周術期))
  3. 「歯科衛生士が行う口腔トリアージ方式による周術期口腔機能管理~6年間の軌跡」
    山口 祐佳(東邦大学医療センター大森病院口腔外科)
  4. 「外科医からみた周術期口腔ケア」
    川端 良平(大阪労災病院外科・消化器外科)
  5. 「一地域急性病院における口腔ケアを行う歯科診療科設置の経験」
    冨岡 俊也(日本赤十字社さいたま赤十字病院麻酔科)

パネルディスカッション7 ヒヤリハットが活きる組織文化を目指して

9月28日(土曜日) 13:20~15:20 第2会場
司会:松田 和久(福岡みらい病院麻酔科、手術室)
   長瀬  清(岐阜大学医学部附属病院)

―演題・演者―

  1. 「報告システムが患者安全の向上に来たす役割」
    菊地 龍明(横浜市立大学附属病院)
  2. 「手術室におけるインシデントやヒヤリハット:その分析と業務改善への試み」
    亀森 康子(自治医科大学附属さいたま医療センター)
  3. 「IPSGを意識した医療安全」
    米井 昭智(倉敷中央病院医療安全管理室)
  4. 「より良い組織文化をめざすには」
    相馬 孝博(千葉大学医学部附属病院医療安全管理部)

ガイドラインセッション

理事長講演
「手術医療の実践ガイドライン改訂にそえて」
9月27日(金曜日) 13:00~13:30 第6会場
司会:中田 精三(市立伊丹病院)
演者:安原  洋(東京逓信病院)

手術医療の実践ガイドライン第三版の解説
9月27日(金曜日) 13:30~16:30 第6会場
司会:中田 精三(市立伊丹病院)
   菊地 龍明(横浜市立大学附属病院)

―演題・演者―

  1. 「医療安全:“患者安全”と“医療従事者の安全”」
    最首 俊夫(みやぎ県南中核病院麻酔科)
  2. 「手術室におけるチーム医療」
    菊地 龍明(横浜市立大学附属病院)
  3. 「周術期看護」
    松沼 早苗(自治医科大学附属病院看護部集中治療部)
  4. 「手術部位感染(SSI)対策に関する解説」
    針原  康(NTT東日本関東病院外科)

教育セミナー

医学・看護論文投稿のHow to?
9月27日(金曜日) 16:30~17:50 第3会場
司会:粕田 晴之(済生会宇都宮病院緩和ケア科)

―演題・演者―

  1. 「誰にでも書ける医学論文」
    谷合 信彦(日本医科大学武蔵小杉病院消化器外科)
  2. 「論文出版までの道のり~査読対応のHow to~」
    赤沼 裕子(聖路加国際病院)
このページの先頭へ